復縁を難しいものだと思わず、しっかり前向きに考えましょう!

もうダメだと叶えられる復縁を諦めていませんか?

復縁アピール1

恋愛の中で復縁ほど難しいことはないですね。
スタートラインがイチからならまだしも、すでにマイナスに逆走してしまった恋の道のりをいかに進んでいくか…。
それを考えるだけで、胸が痛くなる気持ちに駆られてしまうでしょう。

ですが、そんなネガティブな感情を一旦捨てて状況分析してみると、復縁への突破口は必ずあるはずです。
むしろ、スタートラインはマイナスからではなくプラスに進んでいるのではないでしょうか?
ただ、今はその地点で休憩をとっているにすぎないのです。
この先の坂道はきっと険しいでしょうが、恋愛には困難がつきもの。
決して諦めない、復縁を成し遂げていく闘争心を持って頑張っていきましょう。


仲直りの時期は1ヶ月半からがベスト

復縁アピール2

一歩ずつ着実に、を心がけることが恋愛の鉄則ですが、それに加えて近すぎ遠すぎずを心がけることが復縁のポイントです。
その理由は、一旦男女が不仲になると男性側は相手から離れてお互いが冷静になることを望み、一方女性側は喧嘩してすぐの場合に感情論で喧嘩のことを話してしまうからだと言えます。
それぞれが仲直りできる状況ではありません。
だからと言って、なにも男性側または女性側が悪いというわけではありません。生物学的に脳のつくりが男女別々なので、こういったいざこざは仕方がないことなのです。

さて、喧嘩してから仲直りするには1ヶ月半を目安にするのがベストです。
もし、それほど大した喧嘩でなかった場合は2週間程度でも問題ありませんが、この復縁ページを見ている方はそれなりの事情があるかと存じます。
短すぎず長すぎずで1ヶ月半が最も良いとされていますが、なにも1ヶ月半指をくわえて待っていなければならないというわけではありません。
もし、相手から落ち着いて仲直りができるようなら、早めにできる方がよいです。
また、しつこいメールではなく1週間に一回くらいのペースで軽い謝罪の言葉など、波風立たない文章を送ることが効果的。
そして、1ヶ月半が経過したら、きちんと会って話をするようにしましょう。
お互いに事情があり、一方的に悪いのが相手だったとしても、そういったことを一旦切り離して考えることが復縁への必勝法です。

また、こちらの復縁を叶える心理テクニックもオススメです。