色を利用した恋愛心理学!ピンクを取り入れて女性らしさアップ!

日常的にピンク色を取り入れて恋しやすい状況を作ろう

心理学的にみる「恋愛に効く色」を知っていますか。
実は、色彩の中には恋愛により良い効果を発揮するものがあります。
女性の場合は、日常的にピンクを取り入れるようにしましょう。
ピンクは恋愛しやすい状況へと導いてくれます。
また、どの男性も「ピンクを見ると、無条件に女性らしさを感じる」と言います。
色の効果は心理イメージだけでなく、潜在意識に働きかける「大きなプラスエネルギー」を持っています。
また、プラスエネルギーだけではありません。
色によっては、恋愛に不利な色彩や組み合わせがあるのです。
例えば、寒色系や中間色の組み合わせは、落ち着きがでるものの、冷たい印象を与えてしまいます。
恋愛成就を狙うなら寒々しい色ではなく、明るさのある色を選びましょう。
華やかさのあるピンクのほか、シャンパンゴールドもおすすめの色です。

草食男子には赤色を見せて、恋愛の情熱を駆り立てよう

草食男子には赤色を見せて、恋愛の情熱を駆り立てましょう。
赤色には、アドレナリン促進させる効果があります。
女性が赤を着た場合でも、彼の心を刺激することになります。
口紅やニットやトップス、パンプスなどに赤色を上手に取り入れましょう。
恋愛を刺激する色には、赤のほかにオレンジがあります。
オレンジはあたたかいエネルギー(太陽に近い)を生み出し、コミュニケーション力を高める色です。
落ち込んでいる時に、心理的な効果を狙うのなら暖色系のオレンジや赤を選びましょう。
また恋愛には「より良い環境を整える」明るいベージュやブラウンにも良い効果があります。
男性へのプレゼントにも、色の効果を取り入れてみましょう。
手作りのニットやマフラーに赤やブラウン、オレンジなどを組み合わせれば、イキイキとした感情が湧いてきます。

仕事に夢中な男性が緑色を見ると、リラックスし恋愛モードに切り替わる

仕事に夢中な男性が緑色を見ると、リラックスした「恋愛モード」に切り替わります。
緑色は調和を現し、見ているだけで「恋愛する心の余裕が生まれる」のです。
緑色といえば「自然の色」ですが、自然に関する色は心を落ち着かせ、より良い効果を生み出します。
恋愛心理学で「魅力的な色彩」を知り、彼との恋愛に活用してみてください。
色の効果を知れば、彼とのデートやお出かけの際、ファッションや小物の中に色の効果を取り入れることができます。
また恋愛に効く色は、ファッションだけで無くメイクにも積極的に取り入れてみましょう。
明るい恋愛を望むのなら、暖色系のメイクがおすすめです。
また、クールで知的な雰囲気を出すならパステルグリーンやブルー系のアイメイクを取り入れてみましょう。