名前を載せる心理的メリットって?彼をメールでドキッとさせよう

メールの文面に気をつける事

メールの本文に彼の名前を載せて意識してもらおう!

メールに男性の名前を載せると、大きなメリットがあります。
それは、メール本文に彼の名前を書くことで、視覚的に「あなたのことを大切に思っています」とアピールできるからです。
ささいなことですが、恋愛心理学的には大きなプラス効果があります。
親密さを増すにはまず、メール本文に「送信先の男性の名前」を載せましょう。
相手の名前があれば、自分をはっきり意識してもらえます。
こうした行動は「カクテルパーティー効果」と言います。
普段書くメールには、どのような内容が書かれているでしょうか。
まずは内容よりも名前に注目してください。
最近はメッセージアプリが主流となり、名前を書かずにメッセージを送信する女性が増えてきています。
好きな相手がいれば、できるだけ意識して名前を書き添えるようにしましょう。
名前を書くだけで、彼との距離がぐっと縮まります。

メールに名前を載せると、特別な感情を抱いてもらいやすくなる

メールに男性の名前を載せると、不思議なことに、特別な感情を抱いてもらいやすくなります。
男性の側が「大事にされている」という気持ちになるのです。
こうした好意は彼との関係を親密にしてくれます。
メールを使う際には、必須のテクニックと言えるでしょう。
メールに男性の名前を載せるメリットは、これだけではありません。
これは、女性にはあまり見られない効果です。
女性はメールに名前があるかどうかよりも、メールの内容を気にしているのです。
これに対して男性は、名前で呼んでもらえるかどうかを重視します。
自分の名前が入っていると、ホット安心すると同時に「親密さ」を感じるようになるのです。
「名前+メール」のテクニックは、異性(恋愛対象)だけでなく、ビジネスの相手にも応用できます。
もちろん、気になる取引先の相手(恋愛に発展したい)がいれば試してみてください。

男性からの返信の可能性を高めるには、メールにその男性の名前を入れること

男性からの返信の可能性(返信してもらう確率)を高めるには、メールの文中に、相手の男性の名前を入れることです。
自分の名前を見ると、男性は「メールをしていて心地いいな」と感じます。
男性は必ず、メールの中に自分の名前があるかどうか確認します。
最近は、名前無しでメールを送る女性が多いのですが、ちょっとした一手間で男性の心が取り込めるのです。
意中の相手がいれば、ぜひ「カクテルパーティー効果」を試してみましょう。
あまり話したことの無い相手でも、名前で呼ぶことで相手の心を惹きつけることができます。
もちろん、メール以外のちょっとしたメモ書きや小さな手紙(御礼状)などにも名前を添えましょう。