内容で男性に喜ばれる!メールの文面に気をつけて印象アップ!

喜ばれるメール文面を書くコツ

質問を内容に混ぜて、彼に興味を持っていることを示す

男性に喜ばれるメールの内容と、恋愛心理学的に良い「レイアウト」を知っていますか? 男性へメールを書く時には(相手への)質問を織り交ぜるようにしましょう。
相手に質問を投げかけることで「ああ、自分に興味を持っているのだな」と好意的に思ってもらえます。
積極的に、相手に興味を持っていることを示しましょう。
これは「返報性の原理」といって、男性との会話やメールのやり取りには欠かせないテクニックです。
男性は日常的に「質問して欲しい、頼って欲しい」という気持ちを持っています。
メールのレイアウトはなるべく、読みやすくシンプルにしましょう。
シンプルであればあるほど、彼への気持ちはまっすぐ伝わります。
また伝えたいメッセージは、ふわっとごまかすのでは無く、なるべく(正直に告げるなど)ダイレクトな表現を使いましょう。

些細なことでも良いので、してもらって嬉しかった事を取り入れた内容を送ろう

メールの内容は、些細なことでも良いので「男性からしてもらって嬉しかった事」を取り入れるようにしましょう。
これは、男性の承認欲求を満たすテクニックです。
逆効果なのは「こんな事をして欲しくなかった」というような、ネガティブな内容のメールです。
異性を拒否したり、批判する態度は避けましょう。
多少嫌な面があったとしても、相手に対して好意を持っているのなら、常にポジティブな態度を貫きましょう。
また、女性の中には「ツンデレ」な人もいますが、彼に対して、あまのじゃくな気持ちを見せるのは止めてください。
男性は女性のように、駆け引きが得意ではありません。
メールでは、なるべくシンプルに、気持ちの良い内容を書き綴りましょう。
あまりどろどろした内容や暗い内容は避けるようにしましょう。

一文を長くするのを控えたり、文字や絵文字の配置を整えよう

メールを書くときには、男性が読みやすいように、一文を長くするのを控えてください。
また、文字や絵文字の配置を見やすくなるよう整えてください。
これは、男性の「読むストレス」を減らすためです。
男性は細かい字や微妙なニュアンスを読むのが苦手です。
悪く言えば単純、良く言えば「非常に素直でまっすぐな人たち」です。
このため、手紙同様心を込めてメールを書くようにしましょう。
あまり小さな字で書いたり、絵文字だらけの子供っぽいメールはNGです。
絵文字を使っても良いですが、ごちゃごちゃしないよう注意しましょう。
男性は名前での呼びかけ、自分への質問、そして「また、返事を楽しみにしています」というポジティブな内容を好みます。
「また読みたいな」と思えるメールを書いてみてください。