ミラーリングの効果と、メールでの使用方法についてひも解こう!

ミラーリングを活用する

メールでも使える!ミラーリング効果を利用しよう!

ミラーリング効果とメールを組み合わせれば、意中の相手と仲良くなることができます。
メールで使える「ミラーリング効果」とは、自分と同じものに無意識に好意を持ってしまうことを指します。
これは、心理学では有名な効果で、恋愛心理学にも有効に適用できます。
ミラーリングとは、ある種「真似をすること」です。
自分に似たもの、真似たものを認識すると「この人は親しみやすい」とハートが理解するのです。
こうした作用は、メール以外の持ち物、服装、髪型に取り入れることができます。
また、彼の好きな趣味(音楽やファッション)を知ることで、ミラーリングの方法が色々見つかります。
1つでも多く、彼と共通する物やことを集めて見ましょう。
彼がミラーリング効果をキャッチすれば、あなたとの会話も弾みます。
また、共通の話題ができれば、今までの関係もより身近なものとなるでしょう。

メールの文字数を男性に合わせると男性に好意を持ってもらえる

メールの文字数を男性に合わせると「ミラーリング」効果が働き、男性に好意を持ってもらます。
テンションを同じにすることで、男性が「この人とは気が合うな」と感じてくれるのです。
例えば、相手のメール字数が600文字なら、580〜620文字くらいに合わせて見ましょう。
もしも、相手のメールが100文字程度と短いのに、こちらだけ600〜800文字と長いメールを打つのはNGです。
彼は、あなたに対して「性格が重そう、メールが長いのは面倒…」と感じるかもしれません。
短いメールに対してはシンプルに回答し、長いメールに対してはゆっくり、丁寧な返事を心がけましょう。
相手がのんびりしたペース(数日遅れ)で返事を返してきても、決して怒ってはいけません。
相手に合わせてメールを楽しむようにしましょう。

メールを返信する時間も、男性に合わせると好かれる可能性が高まる

メールを返信する時間も、男性に合わせると好かれる可能性が高まります。
例えば1時間後に返信がきたら、その位の時間を開けて返すようにしましょう。
私たちには、生活のテンポやリズムがあります。
せっかちな人もいれば、のんびりしている人もいるのです。
彼がせっかちな人なら、メールを見てすぐに返事が返ってくるでしょう。
また、のんびりした彼ならメールを見ても、返事が半日〜数日後になるかもしれません…。
しかし、本人の生活のリズムがゆっくりしていれば、悪気ではなく「ただの習慣」なのです。
返事が返ってこなくても、悩む必要はありません。
彼のリズムに合わせて、メールの返事を送るようにしましょう。
テンポを合わせれば、彼はあなたに好意を持ってくれます。