文章だからと気を抜かないメールで相手を惹きつけるノウハウについて

意識させるメールの作り方

相手を主人公にした文章づくりで好感度がアップする!

メールの作り方

◆好きな人に自分を意識させる文章の作り方とは?
好きな人にメールを送るときには、彼の心を自分に意識させる「文章テクニック」が必要です。
しかし、なにも難しいことではありません。
彼の話やメールの内容をしっかり聞き受け止めるようにして、彼のことを気遣うような文章を軸にメール書けば、彼は喜んでメールのやり取りをしてくれるはずです。

どんな人でも、自分の話を聞いて欲しいと考えています。
反対に、自己主張の強いメールを送ってはマイナスとなります。
彼の悩みや考え、今の状態をさりげなく引き出して、あなたの優しさをアピールするようにしましょう。
男性はあなたの女性らしい優しさに惹かれていくはずです。


自分をさらけ出しすぎないように

◆逆に悪い文章の書き方は?
片思いの恋愛でマイナスとなるのは、自分の考えや主張、今の自分を「見て!見て!」とアピールするメールです。
男性に心の余裕があれば大丈夫ですが、疲れている状態で自己主張の強いメールが来ると、場合によってはウンザリしてしまうかもしれません。
大切な彼に嫌われないように、メールの内容はソフトな雰囲気を守りましょう。
また、必ず「相手を気遣う」メールにすることが大切です。

ただし、質問攻めのメールはよくありません。
さりげなく会話を楽しめるような、あくまでも自然体の文章を心掛けてください。
彼の心がほっと和むような楽しい会話を意識すれば、自然と良い文章が書けるはずです。
メールの頻度は、1日最高でも3回〜4回まで。
彼の返事が来てから相手を思いやるような丁寧な内容で、メールを送るようにしましょう。