送り方で印象が変わる、あなたに好意を持ってもらうほんの少しの心がけ

ちょっとした送り方の気遣いでメールを憩いの時間に!

メールの送り方

◆モテる人のメールの時間や頻度は?
モテるメールのテクニックがあるとしたら、恋を叶えるためにも知っておきたいですよね。
好きな人にメールを入れる時間は、自分がメールを送りたいタイミングよりも、相手がメールをもらって嬉しいタイミングを心がけるといいでしょう。
例え自分が寂しかったり暇だったとしても、相手もそうであるとは限りません。
忙しくて余裕がない時間帯にメールをもらっても返信できないこともあります。

学校や職場が休憩をとるお昼の時間帯や、相手が家でゆっくりくつろいでいるであろう夜の時間帯にメールを送るのがおすすめです。
特に夜は時間に余裕がある場合が多く、返信もすぐにもらえるかもしれません。
メールの頻度はやや控えめに、少し物足りないくらいの方が、相手にもっと話したいという気持ちを起こさせられるでしょう。


時期を見計らってお誘いをかけてみよう

◆メールでデートに誘うには?
メールやメッセージのやり取りで仲良くなれたら、彼をデートに誘ってみましょう。
ただし、メールのやり取りから最低でも1〜2週間の期間が必要です。
やりとりの期間が浅いうちに彼を誘いに出すようなことは止めてください。
「軽い女性なのかな?」と思われては、片思いの恋愛が実らなくなってしまいます。

メールを出すタイミング、誘う時期はしっかり計算してから行動に移すのがポイントです。
また、初めのうちは1対1のデートではなく、グループ交際で出かけるのがおすすめです。
照れもなく、友達や知り合いを交えて楽しい時間が過ごせるでしょう。
片思い中の女性はこのような方法で、片思いの恋愛を両思いに変えていきましょう。