lineを使う際の注意を読み解いて、男に嫌われない女になろう

言いたい事を、lineで一方的に伝えるのは避ける

男性に嫌われない、LINEを使う際の注意点があります。
まず、気軽に出来るからといって、LINEでの連続送信や言いたい事を一方的に伝えるのは避けましょう。
LINEは便利なメッセージアプリですが、タイミングを考えずにどんどん送るのはNGです。
あまりにもしつこいと、男性が疲れてしまいます。
既読になったかどうか、冷静に確認し、タイミングをしっかり見極めてからメッセージを送信しましょう。
既読になっても10分〜20分で返事が返ってくる訳ではありません。
相手にも仕事や生活があるのです。
彼のプライベートな時間を尊重しないと、相手の男性から嫌われてしまいます。
例えば、夜遅くにLINEを送るのも良くありません。
人によっては、通知音で目覚めるかもしれません。
LINEで嫌われてしまっては、せっかくのツールが水の泡です。
LINEを上手く活用して、彼の心を惹きつけるようにしましょう。

自分の気持ちがきちんと伝わるように丁寧に内容を書こう!

LINEでの文章は短くなりがちなので(文面が)素っ気なくならないよう注意してください。
自分の気持ちがきちんと伝わるように、丁寧な文面を心がければ、恋愛心理学的に「気配りが出来る女性」をアピールできます。
男性は気配りのできる女性が大好きです。
反対にがさつな女性や気配りのできない女性、わがままな相手を極度に嫌います。
男性に甘えたい気持ちは分かりますが、わがままを通すのは止めましょう。
男性は甘える女性を好ましく思う一方、わがままで甘える女性は「面倒だな…」と嫌がる傾向が強いです。
相手から愛想をつかれないよう、注意しましょう。
あまりにも彼の気持ちを無視し続けると、彼から返事が返ってこなくなります。

男性はスタンプを沢山送ってくる女性が苦手なことが多い

男性は、LINEスタンプを沢山送ってくる女性が苦手です。
たくさんスタンプを送られると「面倒」と感じることが多いのです…。
これはスタンプに対してどう反応したら良いのか、分からないからです。
男性とLINEのやり取りをするときには、なるべくスタンプを控えるようにしましょう。
また、スタンプを使う時には「ここぞ」という場所に限定して使うようにしましょう。
どんなに良い文面でも、スタンプでごちゃごちゃしたメッセージは、印象が良くありません。
彼に嫌われないよう「知的さの感じられる」文面にしてください。
レイアウトはシンプル、スッキリしたものが好まれます。
スタンプは最小限にするか、無くても構いません。
一度、男性受けする文面を考えてみてください。
思いやりの気持ちがあれば、LINEは良い「恋愛ツール」になってくれます。