頻度は重要!メールのベストな送り方を知って関係を発展させよう

メールやりとりの頻度とは

気分で男性へメールしないように、頻度を気をつける

メールのベストな頻度を知って、男性と良好な関係になりましょう。
頻度を間違えると、彼との関係が険悪なものになってしまいます。
女性は、感情で行動することが多いのですが、自分の気分で男性へメールを送らないようにしましょう。
自分勝手にメールを送ると「自分勝手な女性」という印象を与えてしまいます…。
恋愛心理学的には、メールは「プライベートな存在」です。
自宅や出先で、ほっとした時間を感じるのが友人や知人とのメールのやり取りなのです。
このため「どうして、返事をしてくれないの?」と一方的に怒りをぶつけてきたり、悲しみを打ち明けるのは逆効果です。
多くの女性は「返事がこないと不安」と言います。
しかし、不安な気持ちをぶつけたところで、相手の気持ちがポジティブになることは皆無です。
良い関係を保つには、相手を困らせないようにしてください。

男性が返信しやすいようにライフスタイルを考慮してあげよう

メールを送る時は、男性が返信しやすいようにしてください。
彼のライフスタイルを考慮してあげることで、相手の信頼を勝ち取ることができます。
相手は既婚なのか、未婚なのか。
仕事状況や趣味などをしっかりリサーチし、相手に失礼な態度を取らないようにしましょう。
いつでも、相手のプライベートな時間を尊重すれば「ベストフレンド」として認めてもらえます。
また、お互いがシングル同士なら、リアルな恋愛関係へと発展するでしょう。
メールはリアルに会ったり、話をする以上に、心理的距離感を近づける働きがあります。
メールのベストな頻度は、相手の書く速度、返信のパターンを真似すると良いでしょう。
相手がどのくらいの頻度でメールを送ってくれるのか。
必ず返事を待ってから、ゆっくりとした気持ちで返事を書きましょう。
焦ると良い文面は書けません。

男性との関係が友人、恋人未満、恋人、付き合いたてなどの関係性によりメールの頻度を変える

男性との関係が友人、恋人未満、恋人、付き合いたてなど、それぞれの関係性によりメールの頻度を変えるようにしましょう。
誰とでも同じような態度を取ってはいけません。
また、それぞれは「自分の生活」を持っています。
寝る時間、仕事から帰る時間が、皆バラバラなのです。
変化に応じて関係を保つようにすれば、相手も負担を感じることなく、良い感情を抱いてくれます。
最も良くないのは、返事を催促することです。
また、相手から返事が来ていないにも関わらず、何通もメールを送るのは失礼です。
相手にプレッシャーを与える行為は、絶対に止めましょう。
行動がエスカレートしてしまうと、相手から嫌われる恐れがあります。