文章能力を磨き、関係が前進するような復縁メールを送りましょう

思いやりや労いの言葉を文章に起こしてみましょう

好印象な文章の書き方

◆相手を気遣う内容のメールを
普段あまりメールを得意としない人にとって、メールの返信は面倒なものです。
復縁相手がそのような人であれば、相手が返信をしたくなる内容のメールを送る努力が必要です。
自分の情報を伝えるよりも、相手を気遣うメールを心がけるといいでしょう。
忙しいと聞いているなら、体調はどうか、無理をしないで、などといった言葉を入れて、相手のことを気遣ってあげることが分かる文章を。

復縁相手がメール好きな人であっても、基本的には長文よりも短文で、要点を端的に伝えましょう。
事務的になりすぎないように、言葉選びには注意を払うことも忘れないようにするといいですね。
自分を気遣ってくれるメールに対しては、返信をしたくなるものです。
明るく、さわやかな印象を与えるメールをすることが大事です。


返信しやすいメールで打ち解ける

◆ネガティブな話題は避ける
相手が返信に困るような内容のメールはしないようにしましょう。
例えば、「今起きたよ」「今日は雨だね」というお知らせメールのような内容に対しては、わざわざメールで話すことでもないのに、と思われかねません。
また、会社の愚痴や同僚の失敗談、家族の愚痴などを長文で送るのは迷惑になる場合もあります。
相手にとってはあまり知らない人の話をされても面白くないし、どう返事をしていいのか迷ってしまいます。

そういったメールが重なると、返信の内容を考えるのが面倒になって、返信ができなくなってしまう、ということも考えられます。
心情を綴るような内容もおすすめしません。
「あなたがいなければ生きていけない」といった内容は、相手の重荷になってしまうので控えましょう。