送り方が良ければあなたへの印象が変わる、復縁メールのコツを学ぶ

返信されるメールの送り方

どんなに焦っていてもメールの送り方だけは慎重に

メールの送り方

◆朝早く、夜遅くのメールは控える
女性はメールを愛情表現の一つと考えますが、男性にとってメールは基本的に連絡を伝えるもの、と考える人が多いようです。
女性はメールの頻度を気にしますが、男性はそれほど気にしない場合が多く、復縁相手からのメールの頻度が多いと、面倒になってしまうこともあります。
メールがくれば返信をしなければなりません。忙しいときなどはすぐに返信ができない場合もあります。
それを理解できずに返信の催促メールをすれば、相手を嫌な気持ちにさせてしまうでしょう。
それは男性でも女性でも同じこと。
メールは頻度と送る時間を考え、相手を不快な思いにさせないようにすることが大事です。

復縁相手の性格や仕事内容にもよりますが、1から2日に1回程度が適当ではないでしょうか?
また朝早く、夜遅くのメールは控えましょう。 仕事が終わるころを見計らってするのがよいでしょう。


求めることよりも求められることを意識する

◆控えめなニュアンスを感じさせる
メールが好きな人も苦手な人も、連絡を取るうえで便利な機能だということに変わりはありません。
相手を嫌な気持ちにさせないメールであれば、デートの約束をするうえで、とても便利なツールです。

復縁相手をメールでデートに誘うには、相手が忙しくない時間帯に、返信しやすい内容のメールを送ることが大事です。
相手の趣味に合わせたイベントの誘いや、好きそうなレストランなどに誘うと喜んでくれるでしょう。
誘う時には、「絶対来て」という押しつけではなく、無理でなければ、もし時間があれば、といった控えめな言葉を入れましょう、その方が好印象です。
押しつけられると断りたくなることありますが、どちらでもいい、というニュアンスを含めると「行ってもいいかな」「会いたい」という気持ちになるでしょう。