話し方から心理を見抜き、男性との仲を恋愛に発展させてみよう!

話し方から心理を見抜こう

男性の「飽きてきた」サインとは?話し方に注目しよう

男性の話し方から、異性の心理を見抜きましょう。
そして、分析した結果をもとに(彼との関係を)恋愛関係へと発展させましょう。
恋愛心理学を使えば、話し方を通じた心理や行動パターン、人柄を深く理解できます。
例えば、男性の会話のテンポ(返事のスピード)が遅れてきたら「飽きてきた」という心理を現しています。
この場合、すばやく話題を変えましょう。
テンポ良く新鮮さを与えれば、彼を飽きさせることがありません。
異性との付き合いには、ある程度の刺激が必要です。
彼と話していてあくびが出るようでは、飽きている証拠です。
彼の表情や仕草をみて「今どう思っているのか」真理を見抜きましょう。
真剣に話を聞いていれば、目力を感じるはずです。
瞳孔が開いている、目がしっかり開いていれば、あなたの話を真面目に聞いているのです。

「俺」などの一人称を使うことが多いほど、気がある証拠!

もし彼が「俺」などの一人称を使うなら、あなたに対して「気がある証拠」です。
俺というのは、一種の自己顕示法で「こっちを見て欲しい」という承認欲求の現れです。
まずは、そのままの彼を認めてあげましょう。
彼との心理的な距離感が縮まれば、親密度は一気に増すでしょう。
彼の話し方をヒントに「今、どのように感じているのか」探ってみてください。
柔らかい話しぶりや彼の優しさを感じる場合は(アナタに対して)良い印象を持っているはずです。
男性は心を許した女性にしか、ゆっくり話す機会は持ちません。
大抵の場合、自分のことや趣味、興味のあることしか話題を出そうとしないのです。
あなたと会話が弾んでいれば(関係が)恋愛に発展する可能性は大です。
まずは彼を主役にして、どんどん話を引き出しましょう。

抑揚が激しかったり、癖のある話し方をする男性は、自己顕示欲が強い

男性が話す際に、抑揚が激しかったり、癖がある場合は、自己顕示欲が強い証拠です。
こういったタイプの男性は、男性主体の話題にすると喜びます。
男性を主役にして、褒めたり「すごいですね!」と大げさに驚く仕草を見せましょう。
男性は自分話を真剣に聞いて欲しいと思っています。
大抵の男性は、幼少期〜成長期にかけて「お母さんにもっと認めて欲しかった」という小さなトラウマを抱えています。
このため、大人になっても褒められるのが大好きなのです。
母親以外の女性が「すごいですね、尊敬します!」と褒めてくれれば、男性の心は有頂天になります。
褒めすぎるのは危険ですが、適度に褒めるのは男性のやる気を引き出してくれます。
男性の話し方に着目し、より良い関係を築いてみましょう。
また、自分に面白い話題があったとしても、彼の話を優先するようにしましょう。